みずきのブログ(Mizuki's blog)

Mainly Living in America and Labor


スポンサードリンク

そうだ、アラバマへいこう。Sweet Home Alabama

この時期、留学を考え始める人が増えるかもしれません。結構いるタイプが日本で希望の大学に受からなかったけど浪人するまででもないって感じの人がアメリカの大学を目指すというパターンです。時期的にもちょうどいいと思います。場所に悩んでる方に対して僕が僭越ながらアラバマの良さをアピールさせてもらいます。

f:id:usi-ari-tonk_a10:20190418160219j:image

物価が安い=滞在費も安くなる

期間にもよりますがこれ結構大きいと思います。東海岸、西海岸は特に家賃が異次元レベルで高いです。留学先に人気のロサンゼルス、シアトル、ニューヨーク、フロリダ。これらは世界の中でも家賃の割合が高いと言われるアメリカの中ですら群を抜いてます。これに準じて授業料も高くなります。

それに比べアラバマはどうでしょうか? アメリカの家賃、授業料は平均以下です。僕のカレッジの寮はかなり安いです。1学期(4か月)3食の食事代込みで$1800(約20万円)仮に部屋だけだとしても安いほうだと思います。友達がジョージアステイト大学の寮に住んでいるのですが、食事なしで1学期$4300払ってるそうです。(笑) まあ、そこの大学が大都会アトランタにあるというのが要因です。アトランタはアメリカ南部では一番と言っても大きい方です。なにせアトランタ空港は世界で一番忙しい空港みたいなので(笑)

日本人が圧倒的に少ない

さっき挙げたような人気の街は日本人が沢山います。特にロサンゼルスの語学学校なんて行ったら、日本人が一番多いっていうこともざらじゃないようです。

なんで日本人が多いところをおススメしないのか?

それは日本人だけのコミュニティをつくってそこだけで生活する可能性が大いにあるからです。異国で、異文化の中で異言語を学ぶことは簡単なことではありません。最初はやる気があったものの、時が経つにつれ段々とやる気がなくなってきて、英語の能力も思ったより向上しなくて英語で話すのが面倒になり一緒にいるのが簡単な日本人と常に行動するようになってしまいます。これではせっかくアメリカにきたのに勿体ない。

アラバマはというと基本的かなり少ないです。アラバマ大学とアーバン大学はかなり規模が大きいので別ですが、他のカレッジにはいないか、いても1~3人程です。僕のカレッジでは、今学期は僕が唯一の日本人です。なので、僕が話す、話したいときは必然的に英語になるわけです。甘える手段がないのは異言語を学ぶ時には効果的だと思います。

誘惑が少ない

大都市に行けば沢山遊べるところがあります。100%自信を持って節度ある遊び方ができるという人ならば問題ないですが、たまに聞くのが遊びすぎてクラス来なくなってそのままバイバイか単位落としてバイバイです。なぜバイバイになるのかというと、学生ビザの決まりで1学期最低12単位修了しなければいけないからです。もし12単位を下回ったら、強制送還となるからです。

アラバマなら誘惑に負ける心配はいらない!

僕が東京ですることと同じように遊ぼうと思えば、100kmぐらい車で走る必要があります(笑) そんなことまでして遊ぶのは明らかに面倒なので頻繁に遊ぶことはなくなります。自然と戯れる遊びが多くなります。

正直、今の時代アマゾンでほぼ欲しいものは手に入るので、日本食に困ることもそんなにないと思います。

 

これで皆さんアラバマに来たくなったことでしょう。少しでもアラバマ留学に興味を持ったらコメント又はメールでも送ってください。