ふじえだのブログ

嫌いな言葉は時間がない


スポンサードリンク

独立問題で話題の...バルセロナ!


スポンサードリンク

 

パリからバルセロナに来ました。

バルセロナには10月18日から28日までの11日間滞在するつもりです。

 

かなり長く滞在するには理由があって、ゆっくり観光したいのと、睡眠時間10時間くらい取らないと身体がキツイので、観光するのは多くて8時間くらいで、少ない日は4時間くらいで後はダラダラして過ごしています。

 

当初の予定では10ヵ国ほど訪れるはずだったのですが、基本的には飛行機で移動するため航空券の安い日から逆算して滞在する日数が決まるので、航空券次第で長くも短くもなるという感じです。

今のところ、半分くらいになりそうです。笑

 

 

 

2回目のバルセロナ

 去年も同じくらいの時期に来ました。

バルセロナは日本と比べると暖かく、みんな半袖です。

ただ、湿度が低く乾燥していて朝晩は冷え込みます。窓を開けて寝ると喉がからからになります。

雨が降ることは珍しくて、去年は1か月滞在して1回も降らなかったのですが、今回は着いた時から降っていてビックリしました。

折り畳み傘を持ってきていたので良かったですが、次の日も降っていてユニクロに行き傘立てに入れて40分くらいして出ようとすると、傘が無くなっていました!

警備の人が一緒に探してくれたのですが、見つからず...盗られてしまいました。笑

きっとこの先雨は降らないだろうから、まあいっかって感じで終わりました。

 

一応、ハイシーズンは過ぎてオフシーズンに入っているのですが、結構観光客は多いように感じました。

11月に入ると、ホテルなどの料金も急に下がり始めて完全なオフシーズンって感じになるんですが、10月は過渡期みたいな感じですかね。

 

しっかり観光しました。 

f:id:usi-ari-tonk_a10:20171029004009j:plain

多分、バルセロナで1番に人が集まるところ

 

カタルーニャ広場です!

 

ここから繁華街のランブラス通りが始まっています。

f:id:usi-ari-tonk_a10:20171029004447j:plain

この時はちょうど目抜き通りのほうで、独立のデモが行われていたので人が少なくなっています。

基本的にすごく人通りが多く、ランブラス通りを通る人の8割は観光客らしいです。

地元の人は2割しかいないという。笑

さすがに観光客が多すぎますね。この観光客が多すぎるということもバルセロナでは問題になっています。

それはまた最後に書きます。

 

海岸(バルセロネータ)のほうに近づき、通りも終わるくらいのところに大道芸人?みたいな人達がいます。

写真はないですが、石像のようなコスプレだったり、映画「エーリアン」のエーリアンのコスプレだったりとか。かなりクオリティは高いです。

普通、一緒に写真を撮るのはお金を渡してからなので写真は無いんです。

 

フォトジェニック

f:id:usi-ari-tonk_a10:20171029004410j:plain

海岸近くの路地です。すごく雰囲気が良いです。

ベランダに洗濯物を干したりしていますが、よく見ると国旗などもありますよね。

こういう風にカタルーニャ独立派ならカタルーニャの州旗を、反対派ならスペインの国旗を示す家もあります。

ここらのバルには昼間からビールを機嫌よく飲んでいる人が沢山います。

すごく楽しそうでした!笑

こっちの人たちは外の席が好きで、よくテラス席で飲んでいる人が街中にいます。

 

 

観光客が多すぎるという問題ですが。

バルセロナには年間約3200万もの人たちが訪れています。

日本全体での訪日観光客数は約2400万人です。1都市で日本より遥かに多い観光客が訪れているのです。

バルセロナの人口が約160万人なのでどれほど多いのかが分かります。

なので、これからホステルなどの格安で泊まれるような宿泊施設を対象に規制をかけていくということが決まっているようです。

観光客が多いということはそれほど観光業で恩恵を得ているということなので、簡単にできるってことはないでしょう。

それに加えて独立のこともあるので、これからのバルセロナに注目ですね。